スキンケア ・ 美容・ビューティーの美学!アンチエイジング 教室!

頭皮や髪の毛

紫外線によるダメージから頭皮や髪の毛を守る!

 

頭皮や髪の毛

 

春から夏にかけて、たっぷり浴びた紫外線により、頭皮や髪の毛が焼けてダメージを受けてしまいがちな人にオススメします。
頭皮の日焼けを気にすることがない人でも、顔や体と同じように頭皮も日焼けしています。

 

強い紫外線から頭皮や髪の毛を守る方法。
とりあえず、顔や体と同じで、頭皮や髪の毛が紫外線に当たらないように、帽子をかぶったり、日傘をさすことことが大事です。
できれば、一番紫外線が強い時間帯である、10時から14時頃の外出は控えるようにしたほうが良さそうです。
今は髪の毛専用の日焼け止めスプレーやクリーム、トリートメントも数多く販売されているので、それらの商品をうまく取り入れることも大事です。
顔、体、髪の毛、全身全てに使えるスプレータイプの日焼け止めを常にカバンに入れておくようにしておくと、安心して外出できます。
髪の毛の日焼け止めのなかには、日焼け止めとしての効果だけではなく、乾燥しがちな髪の毛に潤いを与えてくれるようなものもあるので、自分に合ったものをいろいろ検討してみると良いです。

 

頭皮にも日焼け止めが届くように、意識してケアする必要があります。
日焼けした頭皮はダメージを受けて、フケが出やすくなったり、抜け毛が増えたりすることになります。
秋に抜け毛が増えるのは、春から夏にかけて紫外線によるダメージを受けた結果です。
髪の毛のダメージは肌のダメージより、修復が困難で時間がかかってしまうため、しっかりと対策を取る必要があります。
それでもダメージを受けてしまった髪の毛はキューティクルが破壊され、水分が失われ、潤いがなくなってしまいパサパサになってしまいます。
これを放置してしまうと、枝毛や切れ毛につながっていくのです。
放置せずに、その日のうちにケアする必要があります。
まずは、キューティクル保護効果やダメージケア用のシャンプーで優しく汚れを落とします。
タオルドライで髪の毛の水分を取り除いたら、トリートメントで補修しておきます。
このように、顔や体と同じように、頭皮や髪の毛も紫外線対策をして、ケアすることオススメします。

 

 

日焼けしてしまった毛先はカットする?しない?

 

新しく生えてくる髪の毛をキレイに保っていくことにして、紫外線でダメージを受けて傷んだ毛先はカットするこをオススメします。
枝毛や切れ毛を修復することは難しいので、傷んだ部分だけでもカットした方が美しい髪の毛を保つことができます。

トップへ戻る