スキンケア ・ 美容・ビューティーの美学!アンチエイジング 教室!

顔にタオルは厳禁

顔にタオルは厳禁!ティッシュオフで優しく拭き取るのがオススメです!

顔にタオルは厳禁

 

敏感肌の人は洗顔やスキンケアにはとっても気を使っていると思います。
しかし、気を使っているにも関わらず、悩みがなかなか改善されない...と悩んだ事がある人は多いのではないでしょうか?
そんな人のためにオススメのスキンケアです。

 

 

敏感肌の人にとって、タオルは天敵!

 


お風呂上がりや朝の洗顔の後、ほとんどの人はバスタオルやフェイスタオルで水分を拭き取ってからスキンケアやメイクを始めますよね。
わたしも以前はそうでした。
しかしどれだけ肌に優しいものを選んでも、洗顔の仕方を変えても、なかなか顔のコンディションが整わず、毎日化粧ノリが悪い...何故だろうと根本的に探そうとした結果見つけたのが、タオルの存在でした。
どれだけ綺麗にしていても、タオルにはとても細かい繊維やホコリが付着していて、それで顔を拭くので、荒れやすかったんです。

 

 

そこに気がついてからは毎日顔を拭くときはタオルを使わないよう心がけました。
お風呂上がりには、顔についた水分をそのままパッティングして、肌を柔らかくします。
そこにいつも使用している化粧水を使うとぐんぐん肌に入っていくのがわかります!

 

 

最後は乳液で蓋をして、ベタつきが気になる方はベビーパウダーなどでサラサラにしてスキンケアは完了です。
時間に余裕がある方は、夜はフェイスパックがとてもオススメです。
フェイスパックを載せている間はボディマッサージをしても良し、テレビをぼーっと見ているのも良しで、時間を有効に使えるところが良いです?
今では毎日のように使える、ボックスタイプのフェイスパックがたくさん売られているので、ぜひお気に入りを探して見てください!

 

朝は時間がないことの方が多いので、洗顔後は水分をティッシュでオフします。
その後すぐに化粧水をパッティングすれば乾燥も気になりません。
このように徹底的にタオルを使わないスキンケアを行った結果、とても敏感だったわたしの肌がとても安定してきて、毎日の化粧ノリが圧倒的に良くなりました!
目には見えない繊維までもが敏感肌のの天敵だっというのはとても驚きでしたね。

 

 

メリットは何より、肌荒れがなくなること!

 

肌に繊維や余分な物をつけないでスキンケアできるので、清潔に保てます。

 

デメリットは、パッティングをするならいつもより時間がかかること。
ティッシュオフするなら、ティッシュを毎日消費してしまうこと、くらいです。
肌荒れに比べたら可愛い悩みです。笑

トップへ戻る